ブルーベリーサプリは老眼にも効くの?

40歳を過ぎる頃から、何だか目がかすんできたり、疲れていると細かい文字が良く見えなかったりなど、あなたにも思い当たることはありませんか。

老眼の症状は、こんなちょっとした目の不調から、じわじわと進んで来ます。このようなまだ、それほど老眼が進んでないうちに、何とか少しでも改善する方法はないのでしょうか。
ブルーベル―のサプリは目に良いと言われていますが、何とか老眼にも効かないものでしょうか。ブルーベリーのサプリは、パソコンによる目の疲れなどを回復させる効果があると言われていますよね。

では、なぜブルーベリーは目に良いのでしょうか?
それは、ブルーベリーには、アントシアニンという成分が含まれているからです。アントシアニンには、抗酸化作用があり、目の疲れで増えた酸化物質を取り除いてくれる働きがあるのです。

老眼の場合も、酸化物質が増え、目の調節作用が衰えているわけですから、疲れを取るという効果は十分期待できます。もちろん老眼を完全に治してくれるわけではありませんが、眼精疲労から来る目の不調を解消してくれるのならば、自分が持っている、物を見る能力を100%発揮できるようになるわけですから、それだけでもずいぶんと目の調子が良くなったという実感が得られるのではないでしょうか。

ブルーベリーのサプリは、そのアントシアニンを濃縮し、高濃度で含んでいますので、生のブルーベリーを毎日、一生懸命食べるよりも断然高い効果が期待できます。
また、毎日数粒のサプリを飲むだけですから、無理なく続けていくことができます。目に限らず、40歳を過ぎると、疲れが取れにくいと感じることが多くなりますよね。

疲れは、翌日まで持ち越さずに、その日のうちに解消するのが大切です。明日も調子よく物が見えるように、今日の目の疲れは、今日のうちに解消する。

ブルーベリーのサプリは、老眼の方の今日の目の疲れを解消し、明日の目の調子を良くするのに効果があるのです。

→参考サイト:スマホ老眼サプリ比較なび

私が行なっている3つの習慣

目元にシワやくすみなどが出来やすくなる原因に、血流の悪さと乾燥が特に問題になっていると思っています。
なので私はまず目元専用の保湿クリームで乾燥の対策をしています。もちろん顔全体の保湿にも気をつけています。目の周りは乾燥をしやすいので、普通の保湿をした後に目元に更に専用のクリームをつけて二重の保湿をしています。
次に血流を良くするために、ギューっと目を閉じてパッと開けるということを一日に何度か繰り返します。これだけで目の周りの血液の流れが良くなり、くすみも気にならなくなります。さらにこれは目の疲れも多少ラクになります。
最後に良く眠ることです。寝不足だとクマが出来てしまいます。それが続けばくすんできてしまいます。良く眠ることで身体の代謝を上げ、目元だけでなく顔全体のトーンもあげることが出来ていると思います。

アイクリームで目元を回復

一日過ごして夕方鏡を見ると目元に疲れが出てくるのを隠せない年齢になりました。
目の下がクマになってなっているようで、いつもシワが出て来てしまいます。
いくら化粧直しをしても誤魔化せないと感じるようになり、これは何とかしないと!と思い
最近はアイクリームに頼ることにしています。
夜寝る前にしっかりお手入れはもちろんですが、最後にたっぷりとアイクリームを加えます。
目の下とまぶたに念入りに軽くトントンとなじませていきます。
ついでにシワが出来やすい眉間にも。
笑うことが多い毎日なので目尻も念入りにします。
アイクリームを使うようになって、朝起きると目の周りがふっくらと回復しているのを実感します。
それでも夕方になるとまた目の周りの疲れは出てきてしまうのですが
アイクリームを使っていない頃に比べると少しづつですがましになってきています。
使い続ければきっと効果もでてくるのではないかと期待しています。

目の疲れ、眼精疲労特集!眼精疲労の症状について

目の疲れ、眼精疲労の症状は、体の内外に関する要因によって引き起こされる特徴があり、一時的に発生する種類の他には慢性的な状態で残ってしまう疾患もあります。局所的な問題としては、目を構成する組織に異常が出ることで、屈折異常や乱視などの状態で表れることがあります。目の異常を疲れとして考えてしまうことがありますが、このような場合には早急な治療が必要になります。

目の疲れ、眼精疲労は、過度なストレスによって引き起こされることが多いのは、現代的な問題としても問題視されています。不規則な食事や生活をしていれば、体全体に行き渡る血液の流れが停滞して、目の健康にも影響を与えることがあります。ストレスの影響で不眠の状態が続く場合には、目の疲れ、眼精疲労は特にひどい状態に変化して、自律神経のリズムも崩れることになります。

かつては縫い物や読書などの細かい作業をすることで、目の疲れ、眼精疲労を感じる人が多かったのですが、最近ではパソコンやスマートフォンの使いすぎで目を酷使する人が増えています。パソコンなどの光源になるブルーライトは、目の健康に悪いという説もあるため、様々な対策が施されています。長時間にわたってパソコン作業をする人は、同じような姿勢を長く続けているため、血行の流れも悪くなります。目に直接の影響を与える要因に加えて、ストレスや姿勢の悪さなどの複合的な要素も重なるため、パソコンを多用している人は目の疲れ、眼精疲労の問題を甘く考えることはできません。

目に何らかの異常がある場合には、すぐに眼科の治療を受ける必要がありますが、生活習慣の乱れが原因であれば、目の疲れ、眼精疲労は自分で解決することが可能です。最初には不規則な睡眠時間を安定させて、メラトニンの分泌を促進させることが大切です。目の疲れ、眼精疲労を感じたときには、攅竹などのツボを刺激することも有効です。あるいは、入浴によって血流を促進して、適度なマッサージをして疲れを癒やす方法も使えます。

その肩こりや眼精疲労や偏頭痛はアレが原因かも?〜眼瞼下垂セルフチェック〜

パソコンを長時間使用する人など、普段から目を酷使している人も多いことでしょう。そんな目の疲れが原因で、肩こりや眼精疲労、また偏頭痛といった症状があらわれることがあります。しかし、注意しなければならないのは、こうした症状を引き起こす原因は、目の疲れだけにあるのではないということです。実は、眼瞼下垂が原因かもしれないからです。
では、自分が眼瞼下垂かどうか、どうしたらセルフチェックすることができるのでしょうか。まず一つ目のチェック方法は、十分の睡眠を取ったり目をしっかり休ませることです。仮に、目の疲れをいやしたとしても、依然として肩こりや眼精疲労、偏頭痛が続く場合、眼瞼下垂である可能性は高いと言えるでしょう。単に目の疲れが原因で症状が引き起こされているのであれば、その疲れが解消されたら症状もなくなるはずだからです。
眼瞼下垂かどうかセルフチェックする別のポイントは、もともとまぶたが動かしにくかったり、まぶたが下がってしまって物を見る時に見えにくかったりしていたかどうかという点です。仮にそうであれば、先天性の眼瞼下垂である可能性もあると言われています。先天性の眼瞼下垂であれば、まぶたを動かす筋肉やその他関連する神経が完全に発達していない状態で生まれてきたと考えることができるでしょう。
さらに、眼瞼下垂には後天性のものもあります。それを知るためのチェックポイントは、年齢を重ねるにつれてまぶたが下がってきたかどうか、これまでに白内障や緑内障の手術を受けたことがあるかどうか、さらには長年にわたってコンタクトレンズを着用しているかどうかといった事柄です。このような要素が原因となって、筋肉がゆるんでくることがあるからです。
加えて、眼瞼下垂になるとまぶたが下がってものが見えにくくなるために、無意識におでこの筋肉を引き上げようとするものです。それでおでこにシワができてきたと感じるなら、それも一つのチェックポイントとなります。

目の疲れ、眼精疲労特集!頭痛の原因について

目の疲れ、眼精疲労は、加齢などが原因ではなく、年齢を問わず感じている不快な症状です。
目の疲れ、眼精疲労は正確には症状が異なり、目の疲れの場合、一晩寝たり、目の疲れをストレッチなどで解消したりすると、自然と良くなっていきます。
眼精疲労の場合は、目の疲れがさらに進んでしまった場合に起こります。肩こりや頭痛、吐き気、倦怠感、めまい、イライラといった症状が出ることが多く、目のストレッチを行っただけでは改善しません。休んだ直後は良くなってもまた、繰り返すのが特徴です。
目の疲れ、眼精疲労で多い症状に頭痛があります。眼精疲労が原因の頭痛には、片頭痛や、緊張型頭痛があり、まれに群発型のものもあります。
片頭痛に関しては、月に数回、どちらか片方の頭が痛くなる症状で、脈を打つように痛むのが特徴です。光や音に敏感になり、吐き気を感じたり、実際に嘔吐してしまうこともあります。2日ほどで症状はおさまりますが、中には1週間ほど頭が痛い状態が続く人もいます。
緊張型の場合は、肩こりや首のコリがともに起こっていることが多いです。頭をぎゅっと抑えているような痛みが生じ、長時間痛みが続くこともあります。緊張型と片頭痛が一緒に起こることもあります。
群発型は、男性に多く、目の奥がえぐられているような痛みがあります。痛みは短ければ15分ほど、長ければ3時間程度かかり、少しずつ痛みがなくなっていきます。ですが、一回なってしまうと、1から2か月ほどは、痛みを毎日感じることが多くなります。
目の疲れ、眼精疲労での頭痛の原因は、目に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用していない、正しい姿勢をしていない、連続して長時間パソコンの前に座っている、部屋が暗い、パソコンの画面を近くで見ている、ということも関係しています。緊張型の場合、首や肩の部分を温めることで症状は和らぎますが、この他、頭が痛い場合は、痛い部分を中心に冷やすのが良いでしょう。