目の疲れ、眼精疲労特集!眼精疲労の症状について

目の疲れ、眼精疲労の症状は、体の内外に関する要因によって引き起こされる特徴があり、一時的に発生する種類の他には慢性的な状態で残ってしまう疾患もあります。局所的な問題としては、目を構成する組織に異常が出ることで、屈折異常や乱視などの状態で表れることがあります。目の異常を疲れとして考えてしまうことがありますが、このような場合には早急な治療が必要になります。

目の疲れ、眼精疲労は、過度なストレスによって引き起こされることが多いのは、現代的な問題としても問題視されています。不規則な食事や生活をしていれば、体全体に行き渡る血液の流れが停滞して、目の健康にも影響を与えることがあります。ストレスの影響で不眠の状態が続く場合には、目の疲れ、眼精疲労は特にひどい状態に変化して、自律神経のリズムも崩れることになります。

かつては縫い物や読書などの細かい作業をすることで、目の疲れ、眼精疲労を感じる人が多かったのですが、最近ではパソコンやスマートフォンの使いすぎで目を酷使する人が増えています。パソコンなどの光源になるブルーライトは、目の健康に悪いという説もあるため、様々な対策が施されています。長時間にわたってパソコン作業をする人は、同じような姿勢を長く続けているため、血行の流れも悪くなります。目に直接の影響を与える要因に加えて、ストレスや姿勢の悪さなどの複合的な要素も重なるため、パソコンを多用している人は目の疲れ、眼精疲労の問題を甘く考えることはできません。

目に何らかの異常がある場合には、すぐに眼科の治療を受ける必要がありますが、生活習慣の乱れが原因であれば、目の疲れ、眼精疲労は自分で解決することが可能です。最初には不規則な睡眠時間を安定させて、メラトニンの分泌を促進させることが大切です。目の疲れ、眼精疲労を感じたときには、攅竹などのツボを刺激することも有効です。あるいは、入浴によって血流を促進して、適度なマッサージをして疲れを癒やす方法も使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です