目の疲れ、眼精疲労特集!頭痛の原因について

目の疲れ、眼精疲労は、加齢などが原因ではなく、年齢を問わず感じている不快な症状です。
目の疲れ、眼精疲労は正確には症状が異なり、目の疲れの場合、一晩寝たり、目の疲れをストレッチなどで解消したりすると、自然と良くなっていきます。
眼精疲労の場合は、目の疲れがさらに進んでしまった場合に起こります。肩こりや頭痛、吐き気、倦怠感、めまい、イライラといった症状が出ることが多く、目のストレッチを行っただけでは改善しません。休んだ直後は良くなってもまた、繰り返すのが特徴です。
目の疲れ、眼精疲労で多い症状に頭痛があります。眼精疲労が原因の頭痛には、片頭痛や、緊張型頭痛があり、まれに群発型のものもあります。
片頭痛に関しては、月に数回、どちらか片方の頭が痛くなる症状で、脈を打つように痛むのが特徴です。光や音に敏感になり、吐き気を感じたり、実際に嘔吐してしまうこともあります。2日ほどで症状はおさまりますが、中には1週間ほど頭が痛い状態が続く人もいます。
緊張型の場合は、肩こりや首のコリがともに起こっていることが多いです。頭をぎゅっと抑えているような痛みが生じ、長時間痛みが続くこともあります。緊張型と片頭痛が一緒に起こることもあります。
群発型は、男性に多く、目の奥がえぐられているような痛みがあります。痛みは短ければ15分ほど、長ければ3時間程度かかり、少しずつ痛みがなくなっていきます。ですが、一回なってしまうと、1から2か月ほどは、痛みを毎日感じることが多くなります。
目の疲れ、眼精疲労での頭痛の原因は、目に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用していない、正しい姿勢をしていない、連続して長時間パソコンの前に座っている、部屋が暗い、パソコンの画面を近くで見ている、ということも関係しています。緊張型の場合、首や肩の部分を温めることで症状は和らぎますが、この他、頭が痛い場合は、痛い部分を中心に冷やすのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です